FC2ブログ
スギテル日和
のんびりなブログ
11 | 2018/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ウディまめ】ウインドウ画像の仕様
ウディタ豆知識、略して「ウディまめ」です。(何事だ)

ちょっとブログのネタとして、
せっかく5年もウディタやってきてるのでそこで蓄積されたウディタの仕様や知識などを
適当に紹介というか、知識の共有というかそんな感じです。
知ってる人は知ってるし、別に紹介しなくてもいいかなというところまで。
どこまで続けるか分からないですが、なるべく簡潔にこのシリーズはやっていきたいと思うので
もしよかったらご覧ください。
ただし講座ではないので、ある程度基本の知識があるという前提で書かせていただきます。

今回のテーマは「ウインドウ画像の仕様」です。
ScreenShot_2015_0319_17_13_26.png
ウインドウ画像の素材は「横3倍数x縦3倍数のサイズでなるべく小さい画像で作る」というのが基本です。
では、「大きい画像で作ってはだめなのか?」というところに焦点を当てます。

結論としては別にOKです。
ただし条件として、「ウインドウ素材画像より3分の2未満のウインドウ生成サイズは指定しない」としておきます。
実際に表示して見るとあまり違和感がないと思いますが、
ウインドウの不透明度を下げて見ると上スクショの右のウインドウのように重なって見えます。
これは分割されたウインドウのそれぞれのパーツが、規定数値より小さいために重なってしまっているのです。

あまりでかい素材で小さいウインドウを作ると危ないってことですね。
ではなぜ「ウインドウ素材画像より3分の2未満のウインドウ生成サイズは指定しない」なのか説明します。
下図は、ウインドウの仕様について解説するために必要なのでみてください。
ScreenShot_2015_0319_17_42_47.png
単純に左の素材をウインドウ表示しただけのものです。説明のために少し色分けしています。
ウインドウの分割・表示での仕様なのですが、まず「どのサイズを選択しても青い部分は表示」されます。
逆に言うと、「青以外の部分はとある数値だと表示されません
そのとある数値というのがまさに、「ウインドウ画像サイズの3分の2の値」です。
あまり深く言うとむしろ紛らわしいので、そういうものだと思っておいてください。
「青い部分は必ず表示される」「赤、黄色、緑色の部分は指定サイズによって拡大される」
ウインドウの仕様はただこの2つだけなのです。
この2つを理解してもらえれば、なんとなく分かってもらえると思います。

ちなみに先ほどの画像で60x60のサイズ(90x90の3分の2のサイズ)で表示するとこうなります。
ScreenShot_2015_0319_17_56_22.png
結論としては、
ウインドウ画像素材はどんなサイズでもいいが、生成サイズは3分の2以上に指定すること」です。
使う生成サイズがでかかったら、結構豪華なウインドウ素材を作って使ってもいいということですね。
もちろんお手軽ウインドウに頼らず、通常のピクチャ表示を使って丸いウインドウとか作ってもいかもしれません。

以上でウディまめ「ウインドウ画像の仕様」を終わります。
意外と長くなってしまってごめんなさい;
ここまで読んでくださりありがとうございました!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sugiterubiyori.blog.fc2.com/tb.php/151-04e6bd59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ししく

Author:ししく
ゲームしたり絵を描いてます。
  【ホームページ】
 HPに飛びます。

カウンター

カテゴリー

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。