fc2ブログ
スギテル日和
のんびりなブログ
04 | 2024/05 | 06
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

「伊集院鷹志の捜査録」公開!
ScreenShot_2018_0609_15_25_14.png
ついに公開されました!
私が携わった共同制作ゲーム「伊集院鷹志の捜査録」です。
一部の界隈で有名な「ドラゴン・ウォリアー」シリーズ系列の作品になります。
基本ADV形式のゲームでお話を追っていく形です。
聞き込みネット調査といったアクションも兼ねそろえており、
プレイ時間は30分~1時間程度を想定されています。

以下、制作中の小話や経過などをつらつらと書きます。

【はじまりは途中から】
ScreenShot_2018_0609_15_30_54.png
私がこのゲームの制作に携わったのは、ちょうど2か月前の4月でした。
メンバーは私を含めて「3人」ですが、
実は私は途中からこのゲーム制作に参加した形となります。
「技術的なところで手助けが欲しい」ということで参加しました。
聞くところによると、ほかの二人はすでに半年前からこのゲームの開発に着手していたようです。

この2人とはそれなりに長い付き合いで、
息があっているのかどうかすらわからないですが、なかなか楽しい仲です。
連絡は主にDiscordのチャットを利用し、データの送信はSkypeを利用するという両刃装備。
アイディアやゲームの流れなどの「考えの共有」が一番大敵でした。
私個人としてはあまり大きな事故を起こすことはなかったと思いますが、
それでも「共同制作」の難しさは噛みしめていました。

それでも、このゲーム制作は楽しかったです。
メンバーの中にはリアルが忙しくて本当に大変な人もいましたが、
私はおおむね心残りのない作業ができたのではと思っています。

【適材適所の譲り合い】
ScreenShot_2018_0609_15_32_19.png
この制作を通してはじめて感じたのが「適材適所の大切さ」です。
ぶっちゃけてしまうと、ゲームの流れさえ分かればこういうものは1人で作れてしまうと思います。
でもそれでは「共同制作」になりません。
それどころかメンバーの仕事や気持ちを奪い、裏切ることになるので難しいところです。

共同制作をしているので、そのことを有効活用した制作をしたかったのはあります。
一番大切なのは、完成したときにメンバー全員が「よかった」と思えることだと思います。
今回の制作では、終盤はスカイプで通話しながらあーだーこーだとラッシュをかけていましたが、
あれが一番楽しかったです。

メンバーの全員が、
ウディタへの技術力が同じではないこともまた制作の難しさにスポットを当ててました。
中にはウディタをほとんど扱えない人がいたのも現実です。
そういう中で、だれがどの作業をしたほうがいいのかという配分はとても大切でした。
結果的には自然とその役割は決まっていきました。
他の人の作業に、メンバーそれぞれ思うところはあったと思いますが、
「完成した」という事実もあるので、少しは誇りを持ってもいいのかもしれません。


以上、「伊集院鷹志の捜査録」の制作もろもろでした。
よければプレイしてやってください。その際はよろしくおねがいします!
「伊集院鷹志の捜査録」ダウンロード(ふりーむ!)



スポンサーサイト



ウディタ10周年と思い返すこと
ScreenShot_2018_0317_15_54_36.png
先に制作中のゲームのことを。

「クリアリライト1」にも出てきた「ぴよすけ」というキャラを今回も登場させました。
いつかブログ記事でも書いたと思いますが、
私の家族が考え出したキャラです。
今回は宿屋よろず屋などで活躍してくれると思います。

ゲーム制作の進捗ですが、あまり良好ではないです。
なかなか気分が波に乗らず、さまよっています。
それでもマップをちょこちょこ制作を進めて、何かしらの作業を進めているつもりです。
ゲーム制作への熱が再発するのを待ってます。

【ウディタ10周年】
3/15は、どうやらウディタVer1.00がリリースされてちょうど10年目らしいです。

私もウディタのおかげでいろいろなことをしたり、いろいろな交流をしたり、
時には楽しく、時には悲しく・・・。割といろいろありました。
もしウディタに出会っていなかったらどうなっていたかは、興味がありますがかなわぬ夢です。

ただゲーム制作というものに触れてから、脳内が創作中毒になってしまってそれだけが悩みですね。
ぜいたくな悩みです。
あまりゲーム制作を人には勧められないですね。楽しいですよ?

これからもウディタにはお世話になりそうです。



花がムズムズして鼻がムズムズする季節。
つまり花粉にやられているということです。
ちょっと外出ると鼻水が出ますね。
花粉症には強いと思っていた自分ですが、これはやばいです。

風が強い日が続いてますが、気温は暖かく外には出やすいですね。
寒いのが苦手で、体調も崩しやすいということで嫌いな季節でしたが
ようやく去ってくれそうです。まだが降っているところがありますが。。。

【ゲーム制作は脱線して】
ScreenShot_2018_0310_16_35_05.png

ScreenShot_2018_0310_16_36_28.png
序盤の1シーンです。
モブキャラである「ムト」というキャラクターですが、
当初は登場する予定なんて全くありませんでした。
ダンジョンにギミックが欲しく、いろいろ考えた末に
このキャラを登場させたほうがおもしろいと感じ、急遽登場させました。

結果としては、大成功です(自画自賛)。
ネタばれのため内容をあまり深くは話せませんが、
ボス戦でのイベントなどでは特にその存在感を発揮して、がんばってくれています。

これはこれから先のイベントも内容の濃いものを考えていかなければ・・・。
クオリティの維持は難しいですね。楽しいです。




暖かくなってきそうです。
こんにちは。
外より家の中が寒くなる時期になりました。
また寒くなるみたいですが、これを過ぎれば3月から暖かくなるらしいですね。

【ゲーム制作すすみました】
前回の記事でいろいろぼやいたのですが、
その後、心が落ち着いたのか少しずつですがゲーム制作が進みました。
悩み事があったら外に流すというのも、あながち間違いではないですね。あまりやりたくないですけど。
ScreenShot_2018_0224_16_41_31.png
少しゲームの進捗の報告を。
以前作った「任意でスキル発動コモン」を利用して、
物語中でも「サポートキャラによる支援攻撃・補助」を組み込んでみました。
といっても毎戦闘サポートしてくれるわけではなく、
一部のボス戦やイベント戦でちょこっと支援してくれる程度です。
そして味方への支援だけではなく、時には敵の支援をするAIも組もうと考えています。
AI自体は各戦闘ごとにコモンで1から組んでいます。
そのほうが自由度が高く、作っていて楽しいです。予想外のバグが怖いですが。

その他ゲームの進捗として、
序盤のイベントを組みました。やっとプレイ時間が進む・・・。
イベントを組み始めてしまえば、あとはドミノ倒しのようにバンバン組んでいくだけです。
・・・バンバン組んでいくのが理想ですが、
やはり制作にも"波"があるので難しいところですね。
実際今も長いイベントを組むのが面倒くさくて、こうしてブログ書いてます(笑)

3月からまたリアルの生活が変わりそうですが、
ちょくちょくとゲーム制作を進められればと思います。
「3月終わりに完成」を目標にしていましたが、まだ先になりそうです。



熱あるも一歩踏めず
だいぶ暖かくなってきたと思うのですが、
油断するとまたいつインフルエンザ風邪が流行るか分からないですね。注意です。


【ゲーム制作進まず、やってしまった経験のお話】
前回のブログから、実はゲーム制作が全く進みませんでした。
気づいたらここ2週間ほとんどパソコンもつけず過ごしていました。ネット中毒がどこへ行った。

少し原因を考えてみると、ハッとするものが2つありました。

1つ目の原因は、「現在制作中のゲーム以外の構想が出てしまったこと」です。
個人的な意見ですが、創作というものは今自分が作っているものに真剣に向き合い、
そして大きく言えば「愛すこと」の作業だと思っています。
別の新しい案が出てしまったがために、今作るゲームへの愛がかすんできてしまったのかもしれません。
それにともない、
「今作ってるゲームより新しい案のゲームのほうがおもしろいんじゃね?」という感情まで生まれてしまいます。
これはいけない、この新しいゲームへの興奮がおさまるまで休もう・・・と思ったら
いつの間にかネット離れしていました。
これが1つ目の原因。

そして2つ目の原因ですが、これは少し恥ずかしいものがあります。
Twitterやその他SNSの記事を見て、人(単数ではない)への嫉妬をしてしまいました。
「評価が多くてうらやましい」「囲みがいるのいいな」「活発で遠いかなたの人のようだ」などなど。
心に余裕がない証拠でしょうか?それにしても情けない話です。
これは逆にネット依存しているからこその反応なのかもしれません。
それに気づいたとき、スマホからツイッターを見ないように心掛けたりもしました。
でもあまり変わらず、そしてネットで何かをする以上なかなか切り離せないものだと思い、
今は割とバッサリTwitterを眺めています。(説明になってないような気がしますが・・・。)
このあたり、自分はまだ未熟だなと少し反省です。
反省して治るようなものでもないですけど・・・。

家族に言われたことですが、
「せっかく新しいパソコン買ったんだから思いっきりゲームつくりゃー」と。
なかなか複雑な心境でしたが、
ゲーム制作へ一歩踏み込むにはもう少し時間がかかりそうです。

・・・ここで打ち明けられたこと、少しホッとしています。申し訳ないです。


【休みの合間の娯楽】
心を落ち着ける意味も含め、時間があったらとにかく趣味に没頭しました。
新しく買ったマリオメーカーをやったり、
スマホのArcaeaという音ゲーで技術を磨いたり、
とにかく本を読み続けたり・・・。

そうそう、本といえば古本屋でおもしろいタイトルのものをたまたま見つけて買いました。
その名もズバリ、「リライト」!!!
「クリアリライト」を作っている私にとっては、「これは読まざるを得ない!」ということで。
法条 遥(はるか)さんが書かれたホラー小説となっているようです。
つづりはおそらく「Re Write」でしょうか。
タイムパラドックスを扱っており、私はこういうのをドラ●もんくらいでしか知らないので
なかなか新鮮な気持ちで読んでいます。空き時間にちまちまと。


【ウディフェス外伝(10分ゲー)】
そういえば2/14から、ウディフェス公式によるイベントが開催されました!
プレイ時間10分ほどのゲームが参加するということで、
私もさっきちらっといくつかプレイしました。
「ゲームを10分に収める」というのは、なかなか難しいことです。
私だったら作っている途中に余念が入り、プレイ時間が予定オーバーしてしまいそうです!
まだまだ作品が増えていくことを願って、いい作品に会えるといいです。


【まとめ】
少しずつゲーム制作の良さというものを思い出していきたいです。







プロフィール

ししく

Author:ししく
ゲームしたり絵を描いてます。
  【ホームページ】
 HPに飛びます。

カウンター

カテゴリー

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR